Webでのビジネスの成功の鍵はなんといっても集客、つまりアクセスです。

これはリアルビジネスでも全く同じ。

いかに新規ユーザーを集客するかがビジネスのポイントとなります。

ところで、この集客方法には様々な手法がありますが、ここ最近特に効果が高いものにWeb動画の活用があります。

その前に。

まずは基本的な集客の手法を整理しておきます。

 

 

Web集客の代表的手法

1.SEO対策による集客

サイトを立ち上げたらまず考えるのがこのSEO対策。特定のキーワードでYahooやGoogleで検索した時に、サイトが1ページ目にないと(理想は上位ですが)まずアクセスは集まりません。この対策方法として、以前はサイト内のキーワードやタグなどの内的施策と、外部被リンクなどの外的施策で、ある程度狙った順位まで表示が可能でした。
しかし、現在のGoogle等のアルゴリズムは格段に進歩しているため、このような小手先の手法はほとんど通用しなくなりました。
現在最も有効なSEO対策は、ズバリ、コンテンツの強化です。
SEOについてもっと詳しく知りたいという方は、私が少し前にまとめたものがあります。
SEOの裏事情をご参照ください。

2.リスティング広告による集客

検索キーワードに応じて表示されるクリック課金広告(PPC)が代表的なリスティング広告ですが、現在は様々なタイプの広告が設定できるようになりました。昨年話題を集めたピコ太郎さんのPPAP。このYoutube動画などもにも、このリスティング広告が表示されています。
他にもtwitterやFacebook内にも表示可能な広告があります。
このようにWeb上の様々なところに広告を自動表示し、クリックされた分だけ支払うという成果報酬型の広告がいわゆるリスティング広告です。
こちらを利用すれば、できたばかりでまだ検索順位にも表示されないサイトでも、アクセスを集めることが可能となります。
ただしお金はかかりますね。

3.SNSからの集客

Webサイトとは別に、twitterやFacebookなどのSNSも見逃せない広告メディアです。
それぞれフォロワーをある程度集めることができれば、ここからサイトへ誘導することが可能です。
このSNSのフォロワー集めにもノウハウがあります。
このノウハウについては別の機会にご紹介します。

4.ブログで集客

個人店のオーナーさまやアフィリエイターの方などはこの手法をとることが多いですね。
アメブロやライブドアなど大手無料ブログを活用し、そこで読者を集めてサイトへ集客する伝統的手法です。
ただし、最近はWordPressなどのブログ系CMSが充実しているため、自分の借りているレンタルサーバー内に独自ブログを構築する方がメリットも高くなっています。
とくにSEO的視点からも独自ブログは、サイト全体の評価につながるため、書けば書くほどサイトボリュームが大きくなり、アクセスを集めやすくなります。
大手ブログを活用するのは最初の導入期のみで、1年経ったら独自ブログへ移行するのがよさそうです。

5.ソーシャルブックマークからの集客

はてなブックマークなどのソーシャルブックマークに登録し、そこでのブックマークを集めることでサイトへのアクセスを集めることができます。
代表的なソーシャルブックマークは次の通りです。
はてなブックマーク
楽天ソーシャルニュース
googleブックマーク
NAVERまとめ
nanapi
ソーシャルブックマークは終了してしまうことも多いので定期的にチェックしておきましょう。
(2016年にYahooブックマークは終了)
NAVERやnanapiはソーシャルブックマークとは少し違いますが、自分のブログ記事をいくつかまとめて登録することでサイト誘導が可能になります。
いずれも無料サイトなので登録しておいて損はありません。大手優良サイトからの被リンクにもなりますので。

6.LINEからの集客

メルマガと同等の機能がLINEにもあります。こちらは事業者向けと一般向けのアカウントがあり、そちらを取得して「友達」を集めることで情報を発信、サイトへ誘導することができます。
twitterやFacebookからLINE登録→メルマガ配信という流れが主流ですね。
また、従来のメルマガも年齢層の高いユーザーには今も有効です。

7.YouTubeからの集客

こちらは説明するまでもありませんね。面白い動画やためになる動画など、オリジナルの動画を作成しアップすることで再生回数を増やし、そこからサイトへ誘導することも可能となります。

 

代表的な集客手法は以上ですが、この他にもまだまだ細かな手法がたくさんあります。
サイト集客はこれ一つということではなく、手数で勝負することが重要です。
どこがきっかけとなってバズが発生するかもわかりません。
いずれにしてもアクセスを集めるには地道な作業と継続力が必要。
これはリアルビジネスも全く同じことです。
Webビジネスは楽に稼げるというイメージを抱いている人も多いようですが、本当に稼いでいる人も最初はこの地味な作業を積み重ねているのです。

 

 

Web動画で集客するには


いよいよ本題です。

ここ最近のアクセス施策のなかで、SNSの貢献度が飛躍的に高くなっています。
特にtwitterに関しては、トランプ大統領の就任以降、マスコミ等のニュース効果もあり新規ユーザーの閲覧が爆発的に上がっています。
トランプさんのつぶやきを見てみようと思った人が多いということですね。

さてこのtwitterですが、昨年よりタイムライン上で動画が動くようになりました。
画像と同じ扱いで、動画がスマホ画面のセンターにくると自動再生されますね。
この動画視聴、1分以内の短い動画ですがついつい目がいってしまいます。

この静止画の中にたまにでてくる動画というのは、動物の本能的に突然動くものに目がいってしまうという生理現象をうまく利用しています。
人間は動くものには注意を払ってしまうのですね。
で、その動画が面白そうだとつい見入ってしまうのです。
自分で再生したわけでなく、勝手に動く動画。
これが注目を集めるポイントでもあります。

twitterとほぼ同時期に、facebookでもタイムライン動画が実装されました。
さらにインスタグラムでも動画が動きます。

1分以内のコンパクトな動画があれば、このようなSNSに配信することで大きな注目を集め、サイトへ誘導することが可能なのです。
また、動画はコンテンツとしてもオリジナリティの高いものです。
いわゆる画像やテキストのように他人の動画をコピペができません。
動画コンテンツの豊富なサイトは、オリジナリティの高いサイトとしてSEO効果も期待できます。

具体的な動画コンテンツの扱い方は以下のとおりです。

1.まずは動画コンテンツを用意する

自分で作れない、作る暇がないという方は弊社の動画の撮影、編集をクラウドするじもピぃlabもあります。
※さりげなく自社サービスを紹介(笑)

2.YouTubeまたはVimeoのアカウントを取得し、そこにアップロード

3.共有タグを自分のサイトやブログに貼り付けし、自サイトで動画閲覧が可能に

4.twitter、facebook、LINEなど自分が使用しているSNSに動画をアップ

 

以上が動画集客のしかけです。
いくつか動画コンテンツが集まったら、NEVERまとめなどへの掲載も併用するとさらによいですね。

この情報をシェアする